学校生活

クラブ活動

吹奏楽部

吹奏楽部
吹奏楽部
吹奏楽部
吹奏楽部
クラブ紹介

 吹奏楽部は今年で創部15年目を迎えます。明るく楽しい仲間達と、目標を高くもち、妥協することなく日々サウンドに磨きをかけていきたいと思います。

部員

144名

顧問

前川幸生、前川航希、
森田彰、平田拓海、切通規裕

最近の活動履歴
令和2年度 活動報告
2月13日(土)

第47回東海アンサンブルコンテスト

 静岡市清水文化会館マリナートで行われた、東海アンサンブルコンテストに出場いたしました。本年は、新型コロナウイルス対策として初の音源審査。結果は金賞を受賞、部員一同喜んでおります。一日も早く新型コロナウイルスの収束を願うばかりです。応援ありがとうございました。

木管5重奏 金賞
1月28日(木)

第25回全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト三重県選考会

 音源審査で行われ、生徒3名が出場、金賞を受賞し県代表として東海審査に進みます。録音は通常と一味違う緊張感が漂っておりましたが、充実した演奏を聴かせておりました。

荒木 翔也(ファゴット)     金賞・県代表
大瀬 美宇(アルトサクソフォン) 金賞・県代表
瀬古 匠(打楽器)        金賞・県代表
1月17日(日)

第53回 アンサンブルコンテスト
高等学校の部 三重県大会

 三重県文化会館大ホールで行われた三重県アンサンブルコンテストに木管五重奏、金管八重奏の2グループが出場いたしました。
 このうち、木管五重奏が朝日新聞社賞を受賞し、県代表として東海アンサンブルコンテストに推薦されました。惜しくも金管8重奏は次点となりましたが、清々しく気持ちのこもった演奏を繰り広げておりました。声援ありがとうございました。
 東海アンサンブルコンテストは、2月14日(日)に静岡市清水文化会館(マリナート)で行われる予定です。
 自分たちの力が発揮できるよう精一杯頑張って参りますので、応援の程よろしくお願いいたします。

木管五重奏・・・金賞 朝日新聞社賞(県代表)
金管八重奏・・・金賞

1月10日(日)

第53回 三重県アンサンブルコンテスト
高等学校の部 南地区大会

 三重県文化会館大ホールにて行われた南地区大会に、本校より4グループが出場し、金賞を受賞しました。
 この4グループ中、2グループが1月17日(日)に開催される三重県大会に推薦されました。惜しくも代表を逃した2グループも伸び伸びと素敵な演奏を繰り広げておりました。
 次大会においてもベストを尽くして参りますので、引き続きご声援をよろしくお願いいたします。

木管五重奏    ・・・金賞(地区代表)
金管八重奏    ・・・金賞(地区代表)
打楽器五重奏   ・・・金賞
クラリネット八重奏・・・金賞

11月22日(日)

伊勢の高校生がおくる
オータムコンサート

 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢において伊勢法人会主催「伊勢の高校生がおくるオータムコンサート」が開催されました。
 本年度も伊勢市の高校吹奏楽部が会し、それぞれの学校で工夫をこらしたステージが展開されました。今回は新型コロナウイルス感染症対策として観客は保護者のみ、1校ごとに全て入れ替え制で行われました。
 本校は新チーム1,2年生の演奏で、私たちの大好きな曲、宝島、ディープパープル、風になりたい、君に出会えたからの4曲を演奏、演奏の喜びを感じた幸せな1日となりました。
 法人会の皆様はじめ、関係者の皆様ありがとうございました。
9月21日(月)

第13回定期演奏会

 吹奏楽部第13回定期演奏会。今年度は新型コロナウイルス感染防止対策として限定公開で開催いたしました。
 「交響的序曲Symphonic Overture」で幕を開けた第1部。今回の定期演奏会が初舞台となる1年生による「風の谷のナウシカ」、そして第1部最後の曲となる「エルカミーノレアル」と続きます。エルカミーノレアルは、3年生を中心としたそれぞれの想いが詰まった迫力のある演奏が会場に響き渡りました。
 第2部は、各パートがそれぞれ企画考案した「パート紹介」から始まり、趣向を凝らしたパートの色が出て、会場内が盛り上がりました。そして、ダンスも交えた楽しいステージが続いた後、昨年度から取り組んでいる吹奏楽舞踊へ。今年度も日本舞踊家の花柳琴臣先生にご指導いただき、一生懸命練習に励んできました。日本舞踊と吹奏楽が融合した「さくらSAKURA」は華やかなステージとなりました。そして吹奏楽部員全員での「情熱大陸」。全員での演奏によって、会場の盛り上がりも最高潮に達し、演奏会も終盤へ。「愛を感じて」をバックコーラスにした部長挨拶、その後の3年生紹介では多くの部員が目頭を熱くし、感動に包まれたフィナーレを迎えることができました。
 最後になりましたが、新型コロナウイルスの影響で今回の第13回定期演奏会では多くの方々に会場にお越しいただくことはできませんでした。しかし、今回開催できたことは日頃からの応援、関わってくださる方々のおかげであります。この場を借りて厚く御礼申し上げます。これからも頑張ってまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
令和元年度(平成31年度) 活動報告
2月16日(日)

第32回 中部日本個人・重奏コンテスト三重県大会

三重県文化会館にて行われた今大会に、重奏の部は打楽器八重奏・木管三重奏・金管八重奏の3グループ、個人の部に3名が出場しました。重奏の部では金管八重奏、個人の部では竹内ひなさん、前川奈央さんが県代表に選ばれ、3月22日にひこね市文化プラザで行われる本大会への出場が決定しました。応援ありがとうございました。

【重奏の部】
・金管八重奏  金賞 県代表
・打楽器八重奏 金賞
・木管三重奏  金賞

【個人の部】
・竹内ひな(オーボエ)  金賞 県代表
・前川奈央(クラリネット)金賞 県代表
・大橋琉那(ホルン)    金賞
2月9日(日)

第46回 東海アンサンブルコンテスト

岐阜県の不二羽島文化センターで行われた今大会に、木管八重奏が県代表として出場し銅賞をいただきました。今回の課題をもとにこれからも頑張ってまいりたいと思います。応援ありがとうございました。

木管八重奏 銅賞
1月26日(日)

KGN アンサンブルフェスタ2020年

 今年も恒例の「KGNアンサンブルフェスタ」を開催しました。「日頃の取り組みを近い距離で」をテーマとし、生徒は頑張りました。程よい緊張感の中で、それぞれのチームが練習の成果を発揮しておりました。今年も多くの保護者の方々にご来会いただき17グループの気持ちのこもった演奏を楽しんでいただけたことと思います。部員たちにとっても貴重な経験となりました。ありがとうございました。
1月19日(日)

淀川工科高等学校 第48回グリーンコンサート

 今年も淀川工科高校吹奏楽部さんが主催するグリーンコンサートに参加させていただきました。演奏に合わせて顧問の丸谷先生が小走りに登場すると、会場は大盛り上がり。ダイナミックかつ繊細な淀川工科高校さんの演奏に部員も大興奮。今回も金管メンバーが淀川工科高等学校吹奏楽部OBさん、岡山学芸館高等学校吹奏楽部さんとともに共演する機会をいただきました。演奏する曲目は大序曲「1812年」。大砲の音に模した多数のバスドラム、そして金管メンバー全員が参加したフィナーレは圧巻でした。丸谷先生、関係者の皆さま、このような機会を作っていただきありがとうございました。この経験を今後に活かしていきたいと思います。
1月18日(土)

第52回 アンサンブルコンテスト 高等学校の部 県大会

 三重県文化会館大ホールにて行われた県大会に、木管三重奏、木管八重奏、金管八重奏の3チームが出場いたしました。このうち、県代表として木管八重奏が推薦され、東海アンサンブルコンテストに出場することが決定いたしました。多数のご声援、ありがとうございました。東海アンサンブルコンテストは、2月9日(日)に岐阜県の不二羽島文化センターで行われます。頑張ってまいります。

木管八重奏…朝日新聞社賞(県代表)
木管三重奏…金賞
金管八重奏…金賞
1月12日(日)

第52回 アンサンブルコンテスト 高等学校の部 南地区大会

 三重県文化会館にて行われた地区大会に、本校より4グループが出場し、金賞を受賞しました。この4グループ中、3グループが同大ホールにて開催される県大会に推薦されました。応援ありがとうございました、次大会も頑張ってまいります。

木管八重奏…金賞 (地区代表)
木管三重奏…金賞 (地区代表)
金管八重奏…金賞 (地区代表)
混成八重奏…金賞
11月2日(土)、10日(日)

訪問演奏

 11月2日に大宮小学校さん、10日には上野小学校で行われた『沼木まつり』で演奏の機会をいただきました。児童の皆さんはもちろん、地域の皆さんにも楽しんでいただけるよう、演出にもこだわりました。恐竜が元気いっぱい動き回る「ジュラシックパーク」、巨大なネコバス、メイちゃんサツキちゃんが登場する「となりのトトロ」など児童の皆さんは大好きなキャラクターたちに会うことができて大喜びでした。皆さんの楽しんでいる姿を見られることで私たちも楽しく演奏することができました。 関係者の皆さま、ありがとうございました。今後とも頑張って参りますので、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
10月26日(土)、27日(日)

中学校訪問演奏

 10月26日に鳥羽東中学校さん、倉田山中学校さん、27日に港中学校さん、南島中学校さんの文化祭にお招きいただき、コンサートを行いました。どの学校の生徒の皆さんも元気いっぱいで、手拍子や歓声で演奏を盛り上げてくれました。中でもいきものがかりの「じょいふる」では、多くの生徒さんがタオルやハンカチを回して演奏に参加してくれました。また指揮者体験コーナーでは、「名探偵コナン」のテーマをパフォーマンスありの楽しい指揮で会場は大盛り上がりでした。 皆さんからパワーをもらってとても楽しく演奏することができました。よりよく行えるよう、これからも頑張ってまいります。この度はお招きいただきありがとうございました。
10月14日(祝)

中部日本吹奏楽コンクール本大会

 静岡県のアクトシティ浜松で中部日本吹奏楽コンクール本大会が開催され、三重県代表として参加させていただきました。結果は金賞を受賞。本番も伸び伸びと豊かな音色で演奏することができました、この結果に慢心することなく、更に飛躍していけるよう頑張っていきます。応援いただき、ありがとうございました。そしてこれからも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
9月16日、22日

第12回定期演奏会

 9月16日(津公演)、22日(伊勢公演)に開催した第12回定期演奏会は、津公演に約1,700名、伊勢公演に約1,100名の来場者をお迎えすることができました。改めて御礼申し上げます。 演奏会は2部構成になっており、まず第1部は「大学祝典ファンファーレ」で開幕しました。1年生を中心としたチームの「魔女の宅急便」セレクション、中部日本吹奏楽コンクール三重県大会自由曲「アルプスの詩」と続きます。さらに三重県吹奏楽コンクール自由曲吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」で会場はさらに盛り上がります。そして第1部の最後の曲である「アルメニアンダンス・パートⅠ」では部員全員が参加し、迫力ある演奏を披露しました。 第2部では第1部の雰囲気とは一転。「セレブレイション」、「ジュラシックパーク」、「人気アニメコレクション」と続き、星野源の「アイデア」では男子部員全員でのダンスで会場を盛り上げました。そして初の試みとなる吹奏楽舞踊。日本舞踊家の花柳琴臣先生のご指導の下、一生懸命に練習した吹奏楽舞踊「桜舞い散る、あの日」を披露。しっとりとした中にも情熱的な演舞には、新鮮さとこのジャンルの可能性を感じるものとなりました。最後は平成の音楽シーンを象徴する番組 M station を模した「Mステ」で会場内も最高潮に。 そして部長挨拶、いきものがかりの「帰りたくなったよ」の合唱と続く中で、部員の涙が頬を濡らし、一人ひとりの想いがこもった感動的なフィナーレとなりました。 最後になりましたが、今回の定期演奏会に携わっていただいた全ての方々に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。 これからも頑張ってまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
8月25日(日)

第74回東海吹奏楽コンクール

 アクトシティ浜松で行われた第74回東海吹奏楽コンクールに三重県代表として出場し、銀賞を受賞しました。後一歩のところで金賞は逃してしまいましたが、今後のコンクールや活動に繋がる大きな経験であったと思います。この経験を胸に刻み、これからの練習に取り組んでいきます。応援いただきありがとうございました。これからも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
8月11日(日)

三重県吹奏楽コンクールA編成の部

 三重県吹奏楽コンクールA編成の部で金賞を受賞し、優勝・朝日新聞社賞をいただくことができました。これに伴い、8月25日(日)に浜松アクトシティで開催される東海吹奏楽コンクールに出場する運びとなりました。保護者の方々、関係者の皆さまの応援があってこその結果であると感じています。深く感謝申し上げます。
東海大会でも堂々と演奏ができるよう、精一杯練習に励みます。
8月6日(火)

第62回中部日本吹奏楽コンクール三重県大会

 三重県総合文化センターで行われた中部日本吹奏楽コンクール三重県大会に、任意編成、大編成の2チームで出場しました。結果は、任意編成は奨励賞、そして大編成は金賞を受賞、優勝に輝き県代表に推薦されました。任意編成においては頑張ろう!!というフレッシュな1年生の強い意気込みを感じました。大編成は、堂々とした演奏で包み込むような力強さを感じる演奏でした。たくさんの保護者の方々、関係者の皆さまに応援いただきました、ありがとうございました。本大会は10月6日(日)にアクトシティ浜松で行われます。県代表として頑張って参りますので、よろしくお願いいたします。
6月1日(土)

志摩市 阿児アリーナ演奏会

 志摩市阿児アリーナでコンサートを行いました。 コンサート前半では、『リバーダンス』や『情熱大陸』などの存在感がありつつもしっとりとした美しさを感じられる楽曲を演奏しました。会場の雰囲気が盛り上がってきたところで、アニメ「ちびまる子ちゃん」でお馴染みの『おどるポンポコリン』を、キャラクターに扮した部員たちが元気いっぱい踊り、会場は更に和やかな空気に包まれます。そして終盤では「いきものがかり」の『じょいふる』を披露!楽器を使ったパフォーマンスやタオルを回す演出に、一緒になって参加するお客様も見えました!今回のコンサートもとても楽しく演奏できました、ご尽力いただいた阿児アリーナ関係者の皆さま、盛大に盛り上げてくださったお客様、誠にありがとうございました。
5月26日(日)

第25回 みえ県民文化祭総合フェスティバル

 今年で25回目となる みえ県民文化祭 総合フェスティバルに参加させていただきました。『大学記念式典ファンファーレ』で始まり、『じょいふる』、『セプテンバー』などノリの良い楽曲が続きます。『となりのトトロメドレー』では、巨大なトトロや猫バスが登場し、会場も和やかな雰囲気に。そして『ありがとう』では大きな舞台は初となる1年生が登場!緊張など微塵も感じさせない堂々とした歌とダンスで会場を盛り上げてくれました。今後とも変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願いします。皆様ありがとうございました。
5月5日(日)

ジョイントコンサート2019

 東海大学付属高輪台高校さんが主催するジョイントコンサート2019に、岡山学芸館高校さん、京都両洋高校さん、富山県立新湊高校さんと共に参加させていただきました。 今回のジョイントコンサートは2部構成となっており、前半が各高校の単独ステージ、後半は合同ステージでした。前半では、生徒たちは各高校の演奏を楽しみつつ、自分たちのステージにも全力で取り組んでいました。本校は「大学祝典ファンファーレ」、「リバーダンス」、「となりのトトロ・ストーリーズ」、「君に出会えたから」を演奏しましたが、どの曲も気持ちがこもった圧巻の演奏でした。後半の合同演奏では、1年生は京都両洋高校の葛城先生の指揮による「アルセナール」、2年生は本校の前川先生の指揮による「バンドワゴン」、3年生は岡山学芸館高校の中川先生の指揮による「鷲の舞うところ」が演奏され、富山県立新湊高校の小坪先生の指揮による合唱曲「ビリーブ」も披露されました。アンコールは東海大学付属高輪台高校の畠田先生の指揮で全生徒700人による「宝島」が演奏されかつて体験したことのない程のスケール、大迫力で最高のパフォーマンスだったと思います、少ないリハーサルにも関わらず、各校の生徒が友情でつながれた瞬間でした。
 ジョイントコンサートでは、各校から様々なことを学ぶことができました。この貴重な経験を今後の活動につなげていきたいと思います。関係者の皆さま、保護者の皆さま、ありがとうございました。
4月28日(日) 
ファミリーコンサート
 力強い「大学祝典ファンファーレ」で幕を開けた今年度のファミリーコンサート。演出にこだわった「となりのトトロ・ストーリーズ」や勢いある「じょいふる」で大いに盛り上げてくれました!そして、最後の「ありがとう」で1年生は2、3年生と共に、元気いっぱい歌とダンスを披露してくれました!これから頑張っていきましょう!当日は、多くの保護者も皆様にご来校いただきました。これからもよろしくお願い申し上げます。
TOP