よくあるご質問

よくあるご質問

皇學館高等学校についてよくあるご質問をまとめました。

よくあるご質問一覧

1.授業に関すること
2.進路指導に関すること
3.入試やコースについて
4.通学方法や地域ごとの人数など
5.入学に関すること

1. 授業に関すること

皇學館高校の日課を教えてください。
次の表のようになります。
時限時間帯
朝礼(朝テスト)8:35 〜 8:50
8:40 〜 8:50
第1限目8:55 〜 9:45
第2限目9:55 〜 10:45
第3限目10:55 〜 11:45
第4限目11:55 〜 12:45
昼食12:45 〜 13:30
第5限目13:30 〜 14:20
第6限目14:30 〜 15:20
終礼・清掃15:20 〜 15:40
第7限目15:45 〜 16:35
ただし、以下の点に注意して下さい
  • ① 月曜日は体育館での全校朝礼があり、日課が異なります。6限目終了は15:50 です。
  • ② 7限授業は、特進コース 週3回(火・水・木)進学コース 週2回(火・木)となります。
  • ③ 土曜日は、第1・3・5土曜が4限授業、第2・4は休業日となります。
課外授業はありますか?
各学年とも、1・2・3学期ともに実施しています。1・2年生は授業を補完するものや大学進学のための実力養成を目的として実施しています。3年生は受験対策を目的として実施しています。
夏休みの補習授業はありますか?
例年、1・2年生は2〜3週間、3年生は夏休みのほぼ全期間で実施しています。
予備校などの衛星放送の授業はありますか?
代々木ゼミナールのサテライン授業を3年生は夏休み、2年生は春休みに実施しています。課外授業を補う形で実施しています。また、パソコンやタブレットを使って、リクルートの「スタディサプリ」を利用している生徒もいます。

2. 進路指導に関すること

皇學館大学への進学者数を教えてください。
平成27年度卒業生354名のうち、皇學館大学へ進学者は99名で、大学別にみると最も多くの生徒が進学しています。続いて鈴鹿医療大学に11名、近畿大学に10名、中部大学に9名、名城大学に8名が進学しています。
国公立大学への合格者数を教えてください。
平成27年度卒業生354名のうち、14名が国公立大学に合格しています。
医学部医学科への進学者はどれくらいですか。
平成27年度卒業生では藤田保健衛生大学医学部医学科に1名進学しています。
進学コース、特進コースの生徒の進学先を教えてください。
進学コースからは皇學館大学を中心として、立命館大学・関西大学などの難関私立大学や名古屋外国語大学・名城大学・愛知学院大学・龍谷大学、同志社女子大学などの私立大学に進学しています。また、近年は看護師や理学療法士など資格取得を目指して医療系の専門学校へ進学者も増加しています。
特進コースからは三重大学や三重県立看護大学をはじめとして愛知教育大学・静岡大学・高知大学、茨城大学などの国公立大学や、早稲田大学・中央大学・同志社大学・立命館大学・関西大学などの難関私立大学に多くの生徒が進学しています。
大学入試センター試験の受験者はどれくらいですか。
昨年度は354名のうち、211名(59.6%)生徒が受験しました。
進路行事はどんなものがありますか。
進路講話や講演会をはじめ文理選択に関するガイダンスや大学進学に関するガイダンス、また公務員ガイダンスなど年間を通して、各学年とも適切な時期に多数準備しています。(「昨年度の進路指導の取組」参照)
指定校推薦大学はどんな大学がありますか。
中央大学や東京理科大学をはじめ関西大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学、南山大学などの難関大学や京都産業大学、龍谷大学、愛知大学、名城大学など、148大学の指定校推薦枠があります。
進路指導の特徴を教えて下さい。
一人一人の生徒が自分の将来の生き方について考え、自分に適した進路目標とそれを実現するための力をつけることを目標とする、次のような取り組みを特徴とします。

【学力の向上】熱気のある充実した授業をすべての基本として・・・!

基礎基本の定着
朝テスト
重要事項の徹底
放課後の課外授業
応用力の養成
学習会、夏・冬休みの補習授業、サテライン授業(代ゼミ)
受験先大学・学部・学科に応じた個別の教科指導・夏季学習合宿
(1・2年生特進 6年制)

【多様な受験形態への対応】生徒一人一人の個性を最大限生かすために・・・!

AO、推薦入試対策
表現力講座(1・2年の小論文指導)、個別小論文指導(3年)
受験先に応じた個別の面接指導(3年)
入試の傾向、要点の解説
進路講話、進路ガイダンス、大学別入試説明会
皇學館大学進学への特典はありますか?
皇學館大学への進学希望者には、附属高校特別推薦枠や入学金半額免除などの特典があります。

3. 入試やコースについて

入学試験の科目と時間を教えて下さい。
国語、数学、英語、理科、社会の5教科で実施します。時間は、各教科とも45分です。
特別奨学生の制度はありますか?
所属中学校長の推薦書により、学業・人物優秀と認められた生徒に対しては、学力特別奨学生、また顕著な競技実績をもつと同時に、本校の授業内容を習得できる学力を有し、人物優秀な生徒に対しては、スポーツ・芸術推薦およびスポーツ・芸術特別奨学生の制度があります。
どのようなコースがありますか? また、それぞれのコースの特徴を教えて下さい。
特進コース
国公立大学、難関私立大学への現役合格を目指すコースです。きめ細やかな学習指導と大学入試につながる平常の課外授業・学習合宿などを通じて学力の伸長をはかっています。英数を強化した特進コース専用のカリキュラムで週3回の7限授業を実施し、生徒一人一人の高い希望や能力・適性に応じた進路実現を目指します。
進学コース
国公私立四年制大学への現役合格を目指すためのコースです。生徒一人一人の関心と成績に応じた進路指導と大学入試の多様化に対応した幅広くていねいな受験指導をおこなっています。学力の進展をはかるために、特進・進学両コースともに毎日面談を実施して学習や生活へのアドバイスをおこなっています。思考力をのばすための表現力講座を実施し、それぞれの夢を実現していきます。部活動にも多くの生徒が所属し、東海大会や全国大会で入賞を果たしています。
入学後にコースの変更はできますか?
コースの変更はできません。入学試験の段階でどちらのコース希望かをよく考えて受験してください。

4. 通学方法や地域ごとの人数など

皇學館高校生の通学方法には、どんなものがありますか? また、それぞれのおおよその人数を教えて下さい。

昨年度の通学方法による分類とその人数は、右の表の通りです。

交通手段人数
徒歩のみ26
バス+自転車15
自転車のみ377
近鉄+α428
バスのみ107
JR+α58
乗用車のみ20
3つ以上189
通学時間帯ごとの人数を教えて下さい。また、最寄りの駅からの所要時間はどれくらいでしょうか?

昨年度の通学時間帯ことの人数は、右の表の通りです。
1時間以上かかる生徒が、300人以上います。
また駅からの所要時間は、おおよそ以下の通りです
1.近鉄 宇治山田駅 ⇔ 本校 
・徒歩 約25分  自転車 約15分
・バス(宇治山田駅前 - 倉田山) 約10分)
2.近鉄 五十鈴川駅 ⇔ 本校
・徒歩 約15分  自転車 約10分
・バス(五十鈴川駅前 - 徴古館前) 約5分)

地区人数
0~40分512
40~60分265
60~90分275
90~120分62
120分以上6
学年別の人数と地域別の出身人数を教えて下さい。

昨年度の人数は、以下の表の通りです。

クラス数
1年16921638510
2年15023338310
3年17517935410
494628112230
地区人数
伊勢市内464
鳥羽・志摩・度会354
松阪・多気141
津・伊賀・北勢144
その他17

5. 入学に関すること

入学に必要な納付金はいくらですか。

入学に必要な納付金は、295,000円です。
※ 入学時には、上記のほかに「教科書代」「制服・体操服・靴・かばん代」等が必要となります。

区分納入金額
入学金45,000円
教育充実費(入学時)250,000円
毎月の学費はどれぐらいかかりますか。

合計で43,900円です。(平成28年度)

  • ※1
    保護者等の課税証明書に記載される市町村民税所得割額により、就学支援金を申請される場合は本人負担額が変わります。
  • ※2
    3年生は「修学旅行(等)積立金」が「卒業諸費積立金」(2,600円)に替わり、「冷暖房費」が100円減額されます。
  • ※3
    諸費用預り金は学年によって異なります。また毎年度、見直しがあります。
区分納入金額
授業料 ※123,000円
教育充実費8,500円
小計31,500円
区分納入金額
冷暖房費300円
図書費100円
校友会費500円
保護者会費500円
後援会費3,000円
修学旅行(等)積立金 ※24,500円
諸費用預り金 ※33,500円
小計12,400円
区分納入金額
合計43,900円
特待生制度はありますか。

本校では、下記の特待生制度があり、教育充実費(入学時)、授業料及び教育充実費相当額が奨学費として授与されます。

  1. 学力特別奨学生
    所属中学校長の推薦書により、学業・人物ともに特に優秀と認められる生徒のうちから選考する。
  2. スポーツ・芸術特別奨学生
    所属中学校長の推薦書により、顕著なクラブ活動実績を持つと同時に、本校の授業内容を習得できる学力を有し、人物優秀な生徒のうちから選考する。
TOP